空気が設計した家®|お客様の声

アイコン外断熱・自然通気工法の家、ここが気に入っています。

寒い朝でも起きるのが平気になりました。(宮崎県T様)

女性新しい家に入居して1年間が過ぎ、4季を通して暮らしてきました。
最初はどの位いいものなのかって半信半疑でしたが、その季節ごとに「空気が設計した家」(SPI工法)の素晴らしさを実感できました。
この家の性能を最も感じられるのは、やはり夏と冬ですね。真夏日でも外の熱は断熱材などで遮断されているのか、外出先から帰ると家の中はヒンヤリとして爽やかです。
冬はペアガラスの採用もしたので結露がほとんど見られず、部屋と廊下やトイレなどの温度差が少なく感じます。
そして私が一番違いを感じるているのは、今までは冬の朝は寒さで起きるのが大変でしたが、暖房器具の助けを借りることなく起きれるようになったことです。 忙しい朝の寝起きが早いことが私と家族に一番うれしいことです(笑)。

どこで寝ても風をひかない家が第一条件でした。(福井県K様)

男性当初大手ハウスメーカーで家を建てる予定でしたが、たまたま出かけた見学会の会場でSPI工法のことを知り、「空気が設計した家」は冬は暖かく、夏も涼しいとのことでした。
私たちが探していたものも「どこで寝ても風をひかない家」でしたので興味をそそられ、一生懸命説明してくれる営業の方の話を聞いているうちに家に対する考え方も少しずつ変わっていき大変勉強になりました。
実際に住んでみて、どの窓もほとんど結露しなくて、家の中にも臭いがこもらないのが分かります。
リビングを吹抜けにしたので明るく開放的で、ソファーの上でくつろいでいるとすぐウトウトと寝てしまいます。一番居心地がいいので休みの日は一日中リビングにいますね。
家の近くに小川が流れているので、夏は涼しい風が家に入ってきて家族みんなでエアコンの使わない涼しい夏を過ごしています。

梅雨時のサラッとした感じに驚きました。(福岡県Y様)

女性2家を建てるときに断熱材に関する本などを読んで外断熱の家にしようと決めていました。
その中でSPI工法住宅に決めた大きなポイントは、わかりやすくてシンプルだったことです。
外断熱のモデルハウスを色々と見学しましたが、ほとんどが複雑な換気設備がついていて値段も高額でした。
SPI工法の自然エネルギーを上手く利用するという考え方に惹かれました。
今まで住んでいたマンションでは、梅雨時はフローリングを裸足で歩くと足の裏がベタベタしていたのに、この家ではサラッとしているんですよ。
一日閉め切った状態で帰宅して玄関にはいってもあのムシムシとした感じがしないんです。

熱帯夜でもすぐエアコンを切ってしまいました。(島根県T様)

男性2日本海に面した山陰地区は曇りの日も多く湿度も高いという独特の気候があります。
梅雨時から夏場にかけては湿気が多いので、ジメジメしない家がほしいと思っていました。
「空気が設計した家」(SPI工法)は夏の湿気がなく爽やかで冬も底冷えしない、とのことだったので採用しました。
以前の住まいでは、熱帯夜の時は寝る前にエアコンを27℃に設定して寝ていましたが、SPI工法の家はすぐに寒くなってエアコンを切ってしまいました。
これまでの暮らしでは考えられないですよね。電気代の節約にもなります。
壁の中にも空気が流れているので湿気がなくて、カビ臭いもしないので健康的に暮らしています。

生活臭が残らないのでお客様がいつ来られても安心ですね。(山口県A様)

女性33月中旬に入居して、最初の梅雨時期は湿度が80%ぐらいの時がありました。
よく聞いてみると、新築1年間位は建築中の水分が抜け切れていないので湿度が高めになるということでした。
対策として教わった2階のエアコンのドライ運転を30分〜1時間すると、もう家中が涼しく快適になりました。
他に住んでみて驚いたのは、臭いが残らないこと。タバコや焼き肉など、生活臭が残らないんです。
いつも家中の空気が循環していることが実感できましたから、給にお客さんが来られても安心です。

小屋裏収納を活かし狭い傾斜地でも2世帯住宅ができました。(埼玉県N様)

男性3「空気が設計した家」(SPI工法)には陰ながらの努力と工夫があると思います。
私は外断熱に興味があり、本を読んで勉強していましたので多少の知識をもっていました。
SPI工法の説明を聞いて、「これがあの革命的な外断熱なの?」と疑うほどのシンプルさでした。
他の工法も一通り見てきているので、やたら断熱材が厚いとか換気扇の配管が壁の中や天井裏にもいっぱい入っていることなどと比べてみても、本当にSPI工法はシンプルだと思いました。
でもそのシンプルさの中には長年住宅の断熱施工を実践・研究してきたノウハウの蓄積がしっかり感じられました。
また、我が家は狭い傾斜地で2世帯、駐車スペースも2台必要という難しい条件でした。しかし地下室や屋根断熱を活かした小屋裏収納などがとれたことで、その条件をクリアすることもできました。

通気・通風の大切さを知りました。(埼玉県K様)

男性4今回お世話になった住宅会社さんで断熱工事の大切さを詳しく説明してもらい、以前の住まいで不快な思いをしていたことが全て当てはまり実際のところ驚きました。
その説明の中でも家の通気性や通風については納得のいく説明だったと思っています。ただ単に断熱効果や気密性能・換気設備が優れているから良いというのではないんですね。
住み始めてから夏と冬に室内と室外の温度差のデータをとってみたところ、満足のいく結果でした。
基礎ダンパーの開閉操作を忘れたこともありますが(笑)、今では梅雨明けと秋の2回の操作なので家族の誰かが気づくようになりました。
冷暖房費用のコストは暖房が約2分の1から3分の1くらいに減り、冷房もよく効きますので結果的には半分以下になっていると思います。

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp