空気が設計した家®|第三の通気層 室内側通気・通風層

第三の通気層 室内側通気・通風層

室内の通風計画は平面的な計画だけでなく、1・2階や吹き抜け、小屋裏も含め
広さと、上下空間を取り入れた通気・通風計画が最も効果的です。

夏の涼しさのもとは、日射遮蔽と夜の涼しい外気の利用です。
昼は日射の浸入を防ぎ、建物内に発生した余分な熱や水蒸気を排気し、夜の冷気をいかに建物内に取り込んで蓄熱できるかです。

夏は建物・躯体内の空気は基礎ダンパーと窓開口部から入った空気がトップ排気口へと 抜けていきます。

第三の通気層は、室内側の空気が自然に
流れるように 換気方法を工夫しています。

映像が表示されない場合は、こちらからダウンロードしてください。
映像が上手く再生されない場合は、読み込みが完了してから
再生ボタンを押して下さい。

夏の通気層流図 [1] [2] [3] | 冬の通気層流図 | 前ページに戻る | TOPページに戻る

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp