空気が設計した家®|外断熱・自然通気工法「SPI工法システム」のメリット2

外断熱・自然通気工法「SPI工法システム」のメリット2

3重通気層

■メリット:3 温度差も少なく、湿度の均一化も図れます。

 屋根・外壁面はもちろん床下から壁の中、天井裏から小屋裏、押入やクローゼット、
 物入れの中まですべてに新鮮な空気が流れるように造ることができます。
 その結果、建物内の温度差を少なくできて、湿度の均一化も図れるので結露の発生も
 防ぐことができますから、カビやダニの発生も極力抑えることができます。


図:6 自然通気工法 三重の空気層流図


3重の自然通気・通風工法の空気層流図

家を締め切ったままだと、熱気や湿気が家の中に溜まります。
基礎ダンパーと窓を開けて、トップ排気口を開ければ、自然換気の作用(煙突効果・温度差換気の原理)で
建物内の熱と湿気を一気に屋外に排気できます。

図:7 冬は密閉型 建物内で発生した日射熱や生活発熱など暖かい熱を逃がさないようにして暮らします。

冬は密閉型
冬でも建物内部全体に新鮮な空気が自然に対流しています。  

■メリット:4 季節に合わせて衣替えができる住宅です。

 夏は基礎ダンパーとトップ排気口を開けて窓を開けると、建物内全体に新鮮な空気が流れて余分な熱や湿気を
 屋外に 排出しますから涼しく過ごせます。

  冬は密閉型にして、建物内に取得した日射熱や生活発熱をなるべく逃がさないようにすれば、蓄熱容量も大きく
  取れて いますから、暖かく暮らせます。

  暮らし方の工夫で、冷暖房に要するエネルギーは3分の1以下になります。

図:8 夏モードと冬モードの機能相対図です。

夏モードと冬モードの機能相対図


私たちが季節に応じて衣替えするように、
建物の機能を季節に合わせて衣替えさせることが出来ます。

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp