空気が設計した家®|次世代省エネルギー基準適合住宅

次世代省エネルギー基準適合住宅

SPI工法の『外断熱・自然通気工法』は、次世代省エネルギー基準適合住宅です。

<次世代省エネルギー基準とは>

次世代省エネルギー基準適合住宅は、平成11年の省エネ法に基づき断熱・気密・防露・換気の4つの高い性能基準に適合した住宅工法で、その厳しい審査に合格した工法だけに下された評定です。

平成25年に省エネ法が改正されて、次世代省エネルギー基準適合の住宅として認定申請ができなくなりますが、平成25年に改正された新省エネ基準よりも、厳しい基準をクリアーしている住宅であることには間違いありません。

平成25年の新省エネ基準は、次世代省エネ基準より断熱・気密・防露の性能が緩和されて、断熱性能のハードルが大幅に下げられたといわれています。
SPI工法の住宅は、今でも改正前の次世代省エネルギー基準をもとに造られていますから、平成25年の新省エネ基準住宅よりも、優れた性能をもっています。

SPI工法の高性能住宅は確かな品質と施工技術の下に供給されています。


SPI・工務店・お客様 次世代評定

SPI工法の安全・快適な省エネ生活

<外断熱の効果>

外断熱だから家中が居住&収納スペース

SPI工法の住宅は高い断熱性能と自然換気の手法で、建物内の温度差がほとんどありません。
建物内の自然対流で壁の中や天井裏、上下温度差もほとんどないので、冬でも快適な生活ができます。
断熱のメリット


<高気密の効果>

防音効果の高い住宅

屋外からの騒音、花粉や粉塵もシャットアウト!
冬は隙間風もない、強風時でも静かで暖かい
ホコリが入りにくいので掃除もラクラクです♪
テレビなど家の中の音が外にもれにくい


換気計画も空気の流れを操作しやすい

<空気の流れが作る快適空間>

結露が起こりにくい住宅

「空気が設計した家」は住宅内に空気溜まりができない停滞しない特殊な施工技術でつくります。(特許取得済み)
夏も冬も建物内で発生する余分な熱と水蒸気をバランスよく排出して、常に新鮮な空気を取り込んでいます。 人にやさしく、木材や造作材などにも良好な状態を保つことができます。 結露が発生する要因が少ないので、カビ・ダニの発生も極力抑えられます。

長期優良住宅の認定基準に対応してます。

<耐震等級2以上>

耐震等級2以上 ・大きな地震や自然災害に対しても、倒壊しない強い建物で造ります。
・耐力壁を多くして、壁の配置バランスを考え、床面も強くする。
・窓の大きさと配置を検討、省エネ効果と暮らしやすさを提供します。

・木材の接合箇所や梁の大きさ、基礎の鉄筋量などを検討する。


<省エネ等級4>

省エネ等級4
・一次エネルギー消費量に適合した高効率設備機器の採用

・外皮平均熱貫流率【UA値】と平均日射熱取得率【ηA値】を基準値以下にする
・仕様基準に適合させる(断熱材の厚さや窓の性能値など)
・自然エネルギー(太陽熱・日射・通風の利用)

<劣化対策等級3相当>

劣化対策等級3相当
構造躯体の耐久性能を確保して、長持ちさせること
・木材が腐ったり、白蟻の被害から守ります
・洗面所やお風呂などの水を使用する場所の防水対策
・床下や天井裏に十分な点検スペースを確保する

<維持管理対策等級3相当>

維持管理対策等級3相当
水やお湯などの配管をメンテナンスし易くすること
・コンクリートの中に配管を埋め込まない
・配管の中を清掃できるようにする
・構造に影響を与えずに配管交換ができるようにする

※上記の4つの認定基準の他に「床面積」「メンテナンス計画」「書類の保存管理」「各地域での基準」などがあります。

平成25年新省エネ基準制度とトップランナー基準にも対応しています。

<一次エネルギー消費量とトップランナー基準>

エコポイント制度
トップランナー基準は、住宅の断熱性能だけでなく設備機器の省エネルギー性能も含めた基準になります。
最近増えてきた高効率の設備機器や送電設備なども評価基準の
対象になります。

SPI工法は、ベースとなる断熱性能が高く高効率の設備機器を設置することで、より省エネ性能が向上します。

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp