空気が設計した家®|SPI専用床パネル

SPI通気床パネル

床パネル

特殊な材料を使って造るのにはそれなりの「コダワリ」があります。
 ① 28mm構造用合板の採用で高耐震在来軸組ネダレス工法を実現
   <910ピッチの土台。大引き・胴差床梁に直張り>
 ② 通気用のスリットを備えた特殊加工品(特許商品)
    高耐震(床剛性)・高耐久住宅用の通気床パネル
    ネダレス・剛床通気工法に最適 (強度試験は実証済です。)

床剛性とは?
  この床パネルを使用した家は一般的な「火打ち+根太挽板」の家と比較して
  約10倍の耐力があります。
  わかりやすく言えばイスの構造と同じことなのです。
  (職業能力開発大学校・床組水平加工力実験結果より)
  28mm  910×1820  40枚/ロット
  

住宅の剛床工法でありながら、上下階間の自然通気を実現します。

strong 1.在来木造軸組でプラットホーム工法を実現できます。
  2.現場での安全性と作業性を効率化できます。
  3.上棟材と同時に現場搬入し躯体の建て方と同時進行で作業床としても
    利用できるので現場が狭小地でも便利です。
  4.先行して柱欠きなど床板のプレカットをしておくことでより作業効率を向上できます。
  5.特殊な通気スリット加工で構造躯体内が通気できるので、自然換気が行えますから
    建物内に発生した余分な熱や水蒸気の停滞を防げます。
  6.構造木材・建築資材の調湿作用が適正に行われるので建物が長持ちします。
  7.室内の空気環境も良好です。                                                                             通気床パネル強度試験模様

SPI工法の特徴・他社との大きな違いはここにあります。

difference


耐震強度も住まいの空気環境にも最適です。

floor_panel F4☆の安全仕様サイズ厚み
28ミリ1820×910 通気孔加工済み

SPI通気床パネル商品と施工写真

seko1 自然通気工法の英知な手法がここにあります。                      梁背間が通気できないと天井裏に空気がよどみます。

seko2 作業効率を図るため床パネルをリャンコ貼りではなくイモ貼りで行い

seko3 より確かな施工性と性能を実現するために通気孔を貫通加工。作業効率もより向上しました。

seko4 通気床パネルは、天井裏梁間内に熱気や湿気などの空気溜りが出来ない、空気が停滞しない特殊加工が施された
SPI独自の通気床パネルです。

grapha

剛床通気床パネル工法は差別化商品となります。

従来とおり建物の水平剛性は火打ちの仕様とし、床の貼り方は合理化のためイモ貼りとします。

差別化1 表面に前もって通気孔が設けられている。

screw

釘・ビスの止め付け
  釘、ビスピッチは100〜150mmが適正です。
  螺旋釘はCN75mm<
  ビスは床専用70mm<
  推奨ビス ネダノットビス 70mm×5.0を仕様
       ネダノットビス使用227mm>ピッチで良い

間くずれした間仕切り壁部分に大引き床梁ある場合は通気孔
  の穴あけ作業が必要です。

差別化2 大引き床梁のグリット間くずれ部分は前もって床パネルプレカット時に手加工
 にて通気スリットを設け通気加工しておいたほうが見た目がきれいです。裏側
 にカッターでスリットを設けた後は30Φの通気孔を設けます。機械加工と違っ
 て多少形状がそろわなくともよい。通気できる施工が目的です。換気面積は大
 きいほどよい。

新タイプで通気機能をより確かなものにしました。   通気に不必要な通気孔は養生テープで塞ぎ施工中のゴミの侵入を防ぎます。

差別化3
不必要な通気孔をテープで塞ぐ         通気孔の空け忘れもありません。        間仕切り壁間柱設置後の通気孔

注意:通気層(スリット・穴)をゴミが入るからと発泡材などでふさがないでください。 差別化4

□■通気床パネルの御注文について■□

 商品名 規格サイズ  数量 
SPI床パネル  1820×910×28mm  40 枚〔1山)
 備考 ※メーター板は出荷が限定されるため在庫しておりません 
 その都度45枚を発注ロットとして制作しております。
 受注生産品になりますので、事前にご連絡ください
 又、納期は2週間程度かかります

※数量は40枚単位で発注お願いいたします


クリックで専用フォームが開きます

御見積書
手書き用にPDFファイルも御座いますPDF

通気床パネルについての御質問・御相談は
下記お問い合わせ先にお気軽にご連絡ください!

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp