空気が設計した家®|外断熱・自然通気工法「SPI工法システム」のデメリット

外断熱・自然通気工法「SPI工法システム」のデメリット

1.外張り専用の断熱材を使用することと、通気・通風施工に要する施工コストでやや高めになります。
 2.火災保険の割引優遇措置(省令準耐火構造)が利用できません。
 3.SPI工法の建物は断熱・気密性能に優れていますから、季節に応じて暮らし方を間違えてしまえば、求めていた住宅性能が逆効果になってしまう場合もあります。


【夏は開放型】

【冬は密閉型】


■より快適な住まいを造るために
 省令準耐火構造の保険料割引は受けられませんが、設計者と発注者で、「どんな住宅をつくるのか?」
 健康的で快適に暮らすには、「冷暖房や換気に要する空調設備、自然の通気・通風経路をどのようにするか?」などを確認しながら、建築計画をたてなければいけません。
 また、室内側の内装仕上げ材に透湿抵抗値の高いビニールクロスなどを使ってしまえば、外断熱工法の特性を充分に活かすことができなくなりますから、使う建築材料素材の吟味も大切です。
 SPI工法は、化学的な製品についても安全で適切なものを採用していますから、自然界が放つ癒し効果も十分に取り入れて暮らすことができます。

空気が設計した家®
SPIグループ本部  〒360-0015 埼玉県熊谷市肥塚697−3
TEL.048-529-0600 FAX.048-526-4423 お問い合わせinfo@spino.jp