topics

国は住宅に関する「エネルギー基本計画」を、2020年から新省エネ基準への適合が義務化されると言っておきながら、今度は2020年までは標準的な新築住宅で、2030年までには新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すとしています。ZEHとは、高断熱でエネルギーを極力必要としない家に、エネルギーを作るシステムを導入し、快適に暮らしつつ年間のエネルギー消費の収支がゼロ以下となることを目指した住宅のことで、家計のことだけでなく、家族の健康や、地球温暖化対策といった大きな視点でもメリットが大きくこれからの住宅だと言っていますが実際にそうなのでしょうか。国の経済対策でコスト高で中途半端な住まいを消費者は押し付けられており、いざ暮らしてみると経済面からも健康面からも困惑している人が多いようです。ZEHの着工率が低いのはそのせいかもしれません。ZEHでなくとも以前お伝えしたように省エ効率を高めるには「窓は熱の出入り口」とお伝えしました。家の断熱性能を高めるためには天井や壁もそうですが、まずは窓部分の断熱性能を高めることが最も省エネ効率が良くなる方法なのです。2020年を境にいずれ日本でも性能の低いアルミサッシは姿を消していくでしょうが、欧米では快適で暖かい家に住むことが「基本的人権」のひとつとして考えられておりその権利を守るための基準が定められています。日本でも近年やっと意識が高まってきてはいますが、国の思惑や施主の要望、住宅会社の押し付けで消費者はその基本的な人権がむしばまれています。国は窓の性能にも目を向けてはいますが、「窓なんて、どれも一緒でしょ?」と考えている施主や住宅会社が多く、窓部分の断熱性能は今までのサッシと比べて性能が高いからと窓の開口率を大きくし、断熱ガラスのサッシをつけたから大丈夫だと考えている人が多いと思いますがそんなことはありませ。窓こそ決して軽んじてはいけない暖かい家の基本的人権に関するキーポイントとしてとらえてください。ZEHなど国の基準だけにとらわれず、自分の目で、そしてぜひ実際に体感してみて自分なりにまた自分で窓部分の造り方を選んでください。