topics

台風がはじめて東側からやってきました。これは日本だけでなく気候変動によって世界中に災害をもたらしています。その中でも過去最高の気温による暑さと集中豪雨、農作物へも深刻な被害を与えています。私たちにとっても自然災害だから仕方がないではすまされない状況になっています。まず私たちの身近な対策としては暑さ対策ですが暑さをしのぐ為にはエアコンもやむなしということで取り付け工事も間に合わないほどだそうです。しかしそのエアコンを取り付けてもあまり涼しくならないという声も聞かれます。それは家の造り方に問題があるからです。窓が大きくてそこから直射日光が入ってきているとか断熱工事がいい加減だったりするとエアコンの効き目は半減してしまいます。コップに氷を入れてお湯を入れて飲んでいるような状態になっているからです。またエアコンの使い方にも工夫が必要です。熱の出入り対策としては断熱・放熱・耐熱・蓄熱の熱対策からはじまりますが、放射・対流・伝導によって熱は移動していますから、家の中に熱だまりができない、熱が伝わり難い構造にすることがエアコンの効き目を良くすることになります。地球温暖化によるものかどうかは解りませんが、毎年夏の気温が徐々に上がっていることは事実です。その熱を建物が全て受け止めないで、熱が自然に放出できる家の造り方にすればエアコンに消費するエネルギーも半分以下になります。これからの住まいは暑さ対策から始めましょう。