topics

空気中には目に見えない水分(水蒸気)が沢山含まれています。その水分量は温度が低ければ含める量は少なく、温度が高いと多いと温度によって含める量は一定ではありません。そして暖かい空気が冷たい空気に接して温度が下がると、暖かい水蒸気を多く含む空気が室内側で「過飽和」状態になり気体から液体へと変化します。そうです気象条件でいうと積乱雲などと同じ現象で水となって目に見えます。これを住宅版では「結露」と呼んでいます。特に、冬場の住まいは室内外の温度差が激しく「窓や外壁に面した壁をびしょびしょに濡らす結露」。皆さんも目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、住宅の中でこの結露現状が目に「見える」ものと「見えない」ものがあるのをしっていますか。目に見えない結露を「内部結露」と言います。この結露が室内の空気環境を汚染して家族の健康もそうですが、建物の耐久性・居住性を著しく短くしてしまいます。また、最近の家の造り方は断熱性や防火性をより高めるために密閉型で造られていますから、内部結露が起こりやすい環境がより整っていますから、梅雨時や夏場には目に見えない逆転結露現象が壁の中で発生している可能性が高くなります。室内の空気がなぜかカビ臭く感じるのはそれが原因かもしれませんから、健康的な家とは言えなくなります。やはり壁の中にも新鮮な空気が流れているほうが家族も健康的に暮らせます。その点もSPI工法は自然通気工法で万全です。