topics

羽毛布団の使い方間違っていませんか?
羽布団は中味に「うもう」を使ったふとんのことですが、一般的にはグース(ガチョウ)やダック(アヒル)といった水鳥たちの羽毛が使われています。ダウンは軽くて空気を多く含むため、柔らかさや保温性に優れています。ふんわりとしていて暖かい汗をよく吸収して吸収したその汗を外に発散するのに優れています。一般的な羽毛布団には羽毛が100%も使われていません。理由はあまりにも高価になり過ぎてしまうことと軽すぎるためで、多少羽根(フェザー)をブレンドした方が寝心地も良くなるからだそうです。ところが羽毛布団の使い方を間違っている方が多いのにはビックリ。暖かくないからといって羽毛布団の下に毛布を掛ける人がいますが、その使い方は間違っています。実は羽毛布団は羽毛自体が温かいのではありません。羽毛が持つ空気を自分の体温で温めるから温かいのです。ですから羽毛布団に自分の体温を伝えなければ暖かくなりません。毛布の方が体に先にあたってしまうと羽毛布団の中の空気をなかなか温めることができません。そうです羽毛布団掛け方が逆になっているのです。羽毛布団を先に掛けて自分の体温で温めていき外部から冷気が進入してこないように毛布などで覆い隠すようにするのが正しい使い方なのです。毛布を先に掛けてしまうと羽毛最大の特徴である寝床内の温度や湿度の調整力が充分に発揮されにくくなります。しかも化学繊維系の毛布は汗を吸収・発散しないのでせっかくの羽毛布団が無駄になってしまいます。羽毛布団の上にその毛布を掛けて暖かい空気を逃がさないようにしてください。羽毛布団の本当の良さを味わうには身体に直接羽毛布団があたるようにすることです。羽毛布団に入った瞬間はさほど温かさを感じませんが時間がたつほど暖かさが増してくるはずです。最近は朝晩が寒くなってきたため、羽毛布団の上に毛布を掛けて寝ると朝方は意外と暖かく快適なのに驚きますよ。それが羽布団のメリットなのですから。しかし、厚手の重い毛布をかけると、羽毛がつぶれて空気が少なくなり保温性が下がってしまうので気をつけてください。本来羽毛布団は四季を通じて一枚で使用するものです。ただこの使い方は粗悪な羽毛布団だと当てはまりません。低品質な布団だと、もともと空気が少ないですからあまり効果がないので気を付けてください。何だかこの話は住宅の断熱方法とよく似ていますね。